健康 身体の悩み解決マニュアル 格安、激安

試してよかった!「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法。

試してよかった!「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法。


「精神疾患」「不定愁訴」

精神疾患や不定愁訴が起る原因は共通して、
脳幹という脳の一番奥にある、
体の原始的な機能を司る部位の機能障害により起ります・・




「うつ病」。

セロトニンの分泌が減少、
または再取り込みが阻害されているという 理由で
起こるといわれている病気です。


病院では神経伝達物質の正常な分泌を改善する為に、
様々な抗うつ薬を処方されます。

抗うつ薬は同じ種類の薬であっても皆が皆、
全員に効くものではありません。


例えば
「パキシル」という薬があります。

これがある人に効果があっても、
あなたにも効果が必ずあるというものではありません。

抗うつ薬は効果があらわれるのに
大体2~3週間ほどかかります。

その間服用し続け、
効果がなければ
また別の薬へ変えると いうことを繰り返します。

※安定剤や睡眠導入剤はあくまで症状を 一時的に緩和させるもので、
症状を改善するための薬ではありません。

仮に一時的に改善したとしても
それは 根本的な改善にはなっていません。
いずれ再発します。
詳しくはこちら

試してよかった!「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法。








【今日の新着マニュアル】
NEWインフォトップ公式サイトへ
NEWインフォカート公式サイトへ

試してよかった!「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法

試してよかった!「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法


まずはじめに下の運動テストを行って下さい。


A.和式トイレで用をたす時のように、
足裏を全て床につけた状態でしゃがみます。

この時、両足は左右ピッタリとつけて、
両腕で両足を抱きこみます。

この状態を30秒間キープして下さい。


これは骨盤の前後の歪みを調べるものです。


この状態を意識せず楽にキープできる方は、
骨盤が正しい位置にあることをあらわしています。

(※しかし左右に歪みがある場合は、骨盤後傾となります。)


尚、ここでいう
「骨盤の正しい位置」とは、
骨盤が前に30度前傾している位置をいいます。

この位置を「骨盤が立位している」と言います



この運動を行い、後ろ側に重心が移ってしまう方がいます。

キープするどころか
この姿勢をとることさえできずに、
尻餅をついてしまう方がいらっしゃると・・・  
詳しくはこちら

試してよかった!「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法

テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム

テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム


マニュアルには
うつを治す方法が書かれているだけではなく

「うつになりやすい性格や環境」
「脳と神経とうつの関係」
「現代社会とうつ」

など
いろんな角度から
うつ病に関して書かれており私だけでなく

家族にも参考になることが多く
家族みんなでうつ病に取り組むことができました。


自宅で短時間でできることだったので
無理なく進めることができました。


また、考え方や気持ちにゆとりができ
以前のように不安や
自己嫌悪で悩むことがなくなってきました。


薬で抑え込むのではなく
自分の内面を変化させることで
改善に向かっているのが実感できています。

本当にこのマニュアルを購入してよかったと思っています。
詳しくはこちら

テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム






試してよかった!うつ病改善法

【今日の新着マニュアル】
NEWインフォトップ公式サイトへ
NEWインフォカート公式サイトへ