健康 身体の悩み解決マニュアル 格安、激安

ステロイドを使い続けたい人は 副作用を知りながら使い続けますし

ステロイドを塗らない方法はあるのか?


「アトピーを隠したい!恥ずかしい!バレるのが恐い!」
と塗り続けるのが良くないのです。

止めれなくなるからです。

ステロイドに依存してしまう
その思考が
副作用を招き入れることになるからです。


患者の
「アトピーであることを恥ずかしいと思う」思考は
ステロイド依存を生みます。

そんな患者のメンタリティを前にしてステロイド論争は不毛だと思います。


ステロイドを使い続けたい(肌の赤みを消してしまいたい)人は
副作用を知りながら使い続けますし、

ステロイドを禁忌している私であっても
緊急避難を目的に使用して助らえるケースもあるからです。

(あの時は本当にステロイドに助けられましたよ)


ステロイド論争は
推進派と反対派の戦いに過ぎず

患者の本音や実相は置き去りにされていたのではないでしょうか?
ここに混乱の原因があるわけ
続きはこちら..













なぜ?おでこにアトピーがでるのか?


ぜ?おでこにアトピーがでるのか?
食事と脳から発症の原因を解説



私が初めてアトピーが出たのは「おでこ」でした。

おでこの皮膚が硬く盛り上がり、
もちろん炎症で真っ赤でした。

精神的な苦しみはここでは省きます。


結果、ステロイドを塗っておさまりました。

しかし
ステロイドの副作用である皮膚の萎縮、
象皮症のせいでしょうか。

20年たっても私のおでこはガサガサで
シワが深く刻まれたままでした。


そして色も赤黒かったですね。


そして数年後、
アトピーが再び激しく発症したのですが、
この時はステロイドを塗っても炎症は治りません。

ついにアトピー性皮膚炎は上半身に広がったのです。
続きはこちら..











【今日の新着マニュアル】
NEWインフォトップ公式サイトへ
NEWインフォカート公式サイトへ

『ステロイド治療中の重度の患者でもアトピーを改善した方法』

は自宅であることをするだけで!!

1日2回あることをするだけで、
ステロイド治療中の重度のアトピー患者でも、


わずか30日後には・・・

赤ちゃんのようなすべすべなお肌を手に入れた
アトピーを改善する方法です。



もしも、あなたが
『夜も眠れないほどの激痛を伴う痒み』や
他人の視線が気になるほど真っ赤に腫れた湿疹』


悩んでいるのでしたら、
5分だけこの手紙を読んでみて下さい。


『ステロイド治療中の重度の患者でもアトピーを改善した方法』
とは一体どんな方法なのか?


早く教えて欲しい!
と言う気持ちをおさえて、

まずはアトピーを改善した方々の生の声をお聞きください

詳しくはこちら