健康 身体の悩み解決マニュアル 格安、激安

なぜ?おでこにアトピーがでるのか?


ぜ?おでこにアトピーがでるのか?
食事と脳から発症の原因を解説



私が初めてアトピーが出たのは「おでこ」でした。

おでこの皮膚が硬く盛り上がり、
もちろん炎症で真っ赤でした。

精神的な苦しみはここでは省きます。


結果、ステロイドを塗っておさまりました。

しかし
ステロイドの副作用である皮膚の萎縮、
象皮症のせいでしょうか。

20年たっても私のおでこはガサガサで
シワが深く刻まれたままでした。


そして色も赤黒かったですね。


そして数年後、
アトピーが再び激しく発症したのですが、
この時はステロイドを塗っても炎症は治りません。

ついにアトピー性皮膚炎は上半身に広がったのです。
続きはこちら..











【今日の新着マニュアル】
NEWインフォトップ公式サイトへ
NEWインフォカート公式サイトへ

アトピーを引き起こしている内奥の力とはなにか? これに気づくべき


今、私はスキンケアで保湿をしていませんが、
再発していません。

そうです。
何か具体的なモノで治そうと思えば思うほど、
完治しないのが実情なのです。


ですから、
もっとアトピーを引き起こしている
内奥の力とはなにか? 

これに気づくべきなのです。


もちろん、
保湿は大事。


さらに、
私が過去に書いたアトピーの原因と
完治のメカニズムを読んで本質を学んでください。

科学的にアトピーの本質を知った方が
完治が早まり
スキンケアにかけるお金も時間も節約できます・・・ 

アトピーにステロイドが効かなくなる日..














【今日の新着マニュアル】
NEWインフォトップ公式サイトへ
NEWインフォカート公式サイトへ

アトピーが悪化したら冷静になろう

トピーが悪化したら冷静になろう


身体の免疫システムは病気が治る前に「わざと悪化」させます。


わかりやすく風邪を例に説明します。

熱があるとき一旦、身体に寒気が起きます。

ブルブル体が震えるくらいになります。

そうやって
ブルブル体を震わせることで熱を産生させます。


そして一気に高熱に至ります。


その高熱で風邪のウイルスを殺すのです。

そして身体は回復していくのです。


回復までにいろんな段階があるのです。

一直線には回復しません。

悪寒も高熱も回復のためには必要なのです。


ですから
悪寒が出たら慌て、

高熱が出たら
高熱を抑えるために解熱剤を飲むのは
自然の摂理に反しています。

とっても愚かなことなのです。


身体はあなたに悪さをしません。

決して悪いことをしません。

一気に痒みが増して炎症が広がったのを
続きはこちら..