健康 身体の悩み解決マニュアル 格安、激安

おでこのアトピーは砂糖や果糖の過剰摂取が原因です。


おでこのアトピーは砂糖や果糖の過剰摂取が原因です。

皮膚は、
人体における排泄器官でもあるのです。

皮膚に排泄された毒素それが、
おでこに出るとおでこに
炎症・かゆみとして現れるわけです。


ここで気をつけたいのが
食べ物の毒素「食毒」です。


食べ物の過剰摂取は毒にもなります。

砂糖を焦がして熱を持てば赤くなりますよね。

赤く炎症しているおでこは
砂糖や果糖(果物の食べすぎ)の摂り過ぎです・・・   

アトピーにステロイドが効かなくなる日..














【今日の新着マニュアル】 NEWインフォトップ公式サイトへ NEWインフォカート公式サイトへ

アトピーを治す!乾燥性皮膚炎・湿疹の対策法とは?

アトピーを治す本格的な行動を!

乾燥性皮膚炎・湿疹の対策法とは?


冬の戸外での乾燥や室内のエアコンの暖房によって
肌の乾燥は進行しバリア機能は低下。

アレルギー原因物質や抗原(アレルゲン)による
皮膚への攻撃を許してしまうことになるのです。


そしてさらに痒みが増すのです。


ですから保湿が必要なのですが
「ずばり保湿とは皮膚に水分を与えること」なのです。


つまり乾燥肌には
化粧水や美容液によるスキンケアで保湿することです。


では保湿をするにはどうすべきかと言えば、
まず

「クリームや馬油などのオイルを先に皮膚に塗ってはいけません。」

クリームを塗る前に
皮膚に化粧水や美容液で水分を与えてください。


皮膚科が出す保湿剤やクリーム、
薬を塗っても痒みがおさまらないのは当然なのです。



また石鹸で洗うのは良くありません。

石鹸はアルカリ性です。


アルカリ性で洗うと皮膚から皮脂膜を奪いますから
乾燥肌が促進するのです。

続きはこちら..











ワセリン、ステロイドが入った薬の時は肌が紙のようで


テキストを読まれて
アトピーを克服された方々から届いた お手紙
(ほんの一部)をお読みください。

みなさん薬を手放して厳しい食事改善すら行っていません。


(東京都八王子市40歳代女性主婦)


1か月でかなりよくなりました。

おふろに入れるのは 肌がスベスベしますし
ワセリン、ステロイドが入った薬の時は肌が紙のようで

冬の暖房の入った部屋にいる時は 乾燥しまくり、
とても辛かったです。

・・・安全で、
自然の物で、良くなるのは、とても安心できます。

出会えて、よかったです。
ラッキーです...
続きはこちら..













【今日の新着マニュアル】
NEWインフォトップ公式サイトへ
NEWインフォカート公式サイトへ