健康 身体の悩み解決マニュアル 格安、激安

薬も止められる 自宅喘息療法

薬も止められる 自宅喘息療法


喘息は自分で改善できる!

薬を飲み続けなくても喘息を改善することはできます。


発作に悩まない普通の生活が送れる事が証明されています。


一体どうやって喘息を改善出来たのか、
その秘密とは・・・





東洋医学では喘息を高確率で改善出来るのに対して、

西洋医学では減感作療法を用いても、
なかなか改善させられないのです。


これは西洋医学の考え方が悪い
と言っているわけではなく、
守備範囲が違うということなのです。


つまり、
私が研究してきた方法を使えば、
薬を使わなくても喘息を改善することが出来るのです。



通常、喘息を治療するためには、
発作を起こさないための薬と、
発作が起きたときの、発作を抑える薬が必要です。


しかし、
薬は喘息そのものを治療して完治させるものではなく、
一時的な対処療法にしか過ぎません。


しかも薬には必ず副作用というものがあり、
副作用のない薬はありません。


しかし、この方法は薬を使わないため、
副作用を一切起こさずに喘息を改善することが出来るのです。




そして、
この方法の素晴らしいところはまだあります。

詳しくはこちら


薬も止められる 自宅喘息療法















【今日の新着マニュアル】
NEW
インフォカート公式サイトへ

NEWインフォトップ公式サイトへ

喘息を改善する方法があります・・・

薬も止められる 自宅喘息療法

を飲み続けなくても喘息を改善する方法があります・・・


この方法は、現在まで数多くの喘息で悩まれている方が、
薬が不要となり、
発作に悩まない普通の生活が送れる事が証明されています。

一般的には喘息を改善させるためには、
「薬を使い続けなければならない」
と思っているのですが・・。


西洋医学では、
喘息の原因を究明して取り除くことをせず、
喉の炎症が起こっている部分に対して、

炎症を抑える薬や、
発作を起こらないようにする薬を処方することしかしないのです。


本来ならば、炎症が起こっている原因を究明し、
取り除くことをしなければ、
改善せずに炎症や発作をくり返してしまうだけなのです。


西洋医学と東洋医学では
得意とする疾患の分野が違うのです。

西洋医学では細菌に関係のない疾患は実は苦手なのです。

西洋医学では、
肝臓が悪ければ肝臓だけを治療し、
現代の生活習慣病に対する予防法がないと言われています。


もっとも大きな違いは東洋医学の整体概念なのです。

身体全体は経絡によって連絡されており、
何か一カ所が悪くなってもバランスをとって快復させようとするのですが、

それが身体の適応能力を超えたときに発病し、
一カ所が悪ければ全体に波及するとしています。

そして医療で改善を目指さず、
8割程度回復したら食事や運動などで自然に症状を改善するように指導し・・・

詳しくはこちら

薬も止められる 自宅喘息療法










【今日の新着マニュアル】
NEWインフォトップ公式サイトへ
NEWインフォカート公式サイトへ