健康 身体の悩み解決マニュアル 格安、激安

糖尿病を治癒する薬は、 現代医学には存在しません。

糖尿病を治癒する薬は、 現代医学には存在しません。

 

 

血糖降下薬は

血糖値を「一時的に下げる薬」であって、

「糖尿病を治す薬」ではありません。

 

命の危険を覚悟で服用しても、

たとえ10年飲み続けても、

この薬で、糖尿病が改善されることはないのです。

 

 

 

病院で糖尿病と診断され、

薬が処方されても、

それは症状を抑えるためのもので

根本的な治療を目的としたものではないのです。

 

 

しかも、

この薬は一生、

飲み続けなければなりません。

 

飲まなくなった途端、

血糖値が上がってしまいます。

 

 

早い話が、

一生、薬でごまかし続けている状態なのです。

 

 

 

さらに、

薬を飲み続けることで

膵臓をはじめとする内蔵にも大きなダメージを受けてしまいます。

 

そうなると、

さらに 糖尿病が悪化してしまいます。

 

 

 

極端な言い方かもしれませんが

薬を使用することで、

糖尿病はどんどん深刻になっていきます。

 

その悪循環に陥ったが最後、

「普通の生活」は、

あなたの前からどんどんと遠ざかってしまうのです。

 

 

 

数ある病の中でも、

糖尿病は自覚症状に乏しい病気の一つです。

 

高血糖な状態が体の中で続くと・・・

 

●のどの渇き・多飲

●慢性的な倦怠感、疲労感

●食事をとっているのに、痩せてくる。

 

などの不調があらわれ始めます。

 

 

そして

その後、血管が硬くなってしまい、

動脈硬化に発展してしまうのです。

 

 

動脈硬化になれば、

高血圧や高脂血症という症状の 発症率も

格段に上がってしまいます。

 

そして、

高血圧や高脂血症の先に待っているのは、 脳梗塞や脳血管障害・・・ 

>>糖尿病がまねく、恐ろしい合併症です。