健康 身体の悩み解決マニュアル 格安、激安

痔の症状 肛門には内肛門括約筋と外肛門括約筋があり...

「痛い!出血する!」
つらい痔の症状に悩んでいるのなら・・・



肛門を取り巻いている筋肉には、
内肛門括約筋と外肛門括約筋があります。


この2つの筋肉が肛門を
ギュッと閉めたり、
開いたりして、

便が垂れ流しになるのを防いだり、
スムーズな排便を促したりします。


内肛門括約筋は、自律神経が支配しています。


自律神経というのは、
交感神経と副交感神経の 2つの神経のバランスで成り立っていて、
自分の思い通りには動かすことは出来ません。

自分の意志で、
内肛門括約筋を閉めたり緩めたりすることは不可能です。

ですから直腸に便が溜まると、
直腸壁が引き伸ばされて、

「便が溜まりました!そろそろ排便して下さい」
というメッセージを脳に届け、
排便したいという意識が発生します。


ですがその段階で肛門が緩むと、
便が垂れ流しになってしまうので、

詳しくはこちら














・痔の症状が消える!
・痔をなんとかしたい
・痔を再発させないこと

【今日の新着マニュアル】
NEWインフォトップ公式サイトへ
NEWインフォカート公式サイトへ